White sand and amazonian caatinga in the Cachimbo Mountains, State of Pará randum


熱帯の白砂
(しろすな)
6

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

空から見たカチンボ山地の白砂とアマゾニアカーチンガ
White sand and Amazonian caatinga in the Cachimbo Mountains from the air

アマゾン地方南部、パラ州とマトグロッソ州の境界付近にあるカチンボ山地の植生を 上空から見たものである。カチンボ山地は、標高500m前後の台地状の山地で、平坦な頂上には白砂が広く 発達している。その影響で、高木が密生する熱帯季節林が成立するはずの気候下に、アマゾニアカーチンガ あるいはカンピナラーナ(campinarana)とよばれる特殊な植生が分布している。アマゾニアカーチンガのカーチンガとは、 ブラジル北東部地方の半乾燥気候下にみられる乾生植物の多い植生のことである。湿潤気候のアマゾン地方でも、 水はけが良すぎてすぐに乾燥してしまう白砂地の植生は同様な特徴をもっているため、アマゾンのカーチンガ とよばれるわけである。アマゾニアカーチンガには、土壌や地形の違いからさまざまなものがある。 写真の一部に、植物(樹高数mの灌木)が疎らで白砂が露出している状態のところがあるが、 これはバーナ(bana)とよばれる白砂の影響が最も強く現れたタイプのアマゾニアカーチンガである。
2002年7月29日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-8 47 50.86, -54 45 11.82 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 65°
写真中心位置:-8 46 39.12, -54 42 38.57 (Google Map)
PanoraGeo-No.143     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 6/9 ⇒NEXT