Hornos Bay of Chile, southern entrance of the misty desert randum


霧の砂漠
1

HOME⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

「霧の砂漠」への南の入口、チリのオルノス湾
Hornos Bay of Chile, southern entrance of the misty desert

チリの首都サンティアゴの北400㎞に位置するラセレナやコキンボなどの都市はアタカマ砂漠の 南の入口といえる。写真はラセレナの北30kmにあるオルノス湾(南緯29度38分)で、アタカマ砂漠の海岸部に特有な 海霧のために霞んでいる。ラセレナの気候は年平均気温13.7℃、年降水量86mm (1981~2010 平年値)という砂漠気候(ケッペン気候区分のBW気候)であるが、その割に植生が 密なのはこのような海霧の影響と考えられる。これより北に向かい、海岸沿いには湿った「霧の砂漠」が、 内陸では極端に乾燥した砂漠が、ペルー北部まで3200㎞連続する。大陸西岸の亜熱帯(中緯度)高圧帯に形成される 西岸砂漠あるいは海岸砂漠とよばれるものである。
2003年8月29日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-29 38 4.71, -71 17 15.41 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 8°
PanoraGeo-No.205     直前のページに戻る     HOME⏎ このテーマ 1/11 ⇒NEXT