Lava flow down the slope bihind Ako village, Miyake-jima randum


三宅島1983年噴火
4

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

三宅島阿古集落裏の斜面を流下した溶岩流
Lava flow own the slope bihind Ako village, Miyake-jima

三宅島は雄山火山を中心とした火山島である。1983年の雄山の噴火は 10月3日午後3時23分ころに始まった。雄山の南西斜面にできた北北東-南南西に走る割れ目 から溶岩が噴き出した。溶岩流は三つに分かれて山腹を流れ下ったが、その一つが 西北西に流れ、島の中心集落である阿古集落に達した。噴火の開始から約2時間後のことである。 噴火口から阿古の海岸までは約3㎞あるので、溶岩流の速さは時速1.5㎞位と推定できる。写真は 阿古集落の裏山の急斜面を溶岩が流れ下った場所で、このような急なところではもっと速い 流れであったと思われる。噴火7年後の写真で、電柱などの復旧は進んだが、 黒々とした溶岩は流下当時の生々しさを残している。
1990年11月3日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+34 4 47.33, +139 29 7.16 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 95°
PanoraGeo-No.257     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 4/6 ⇒NEXT