Hearpin climbing towards old terrain randum


ボリビア・アンデス鉄道
5

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

古い地形へタイムワープのヘアピン登坂
Hearpin climbing towards old terrain

アンデス山脈の高所には、古い時代に低いところでできた準平原や なだらかな山地が隆起した「老齢の」地形が分布している。これまで通ってきたアルケ川中下流部のように、 盛んに川底を掘り下げ川岸を削りつつある「若い」川を上流にたどると、最後に滝や早瀬の多い 急流となり、それを越えるとにわかに流れの緩やかな「老齢な」地形へと移り変わる。写真はそのような 地形遷移部の急流・急斜面地帯で、鉄道はヘアピンカーブを繰り返しながら登ってゆく。これまで通ってきた 線路が下に見える。
1986年8月24日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-17 49 3.01, -66 40 10.40 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 343°
PanoraGeo-No.265     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 5/13 ⇒NEXT