White peaks of the Caodillera Real randum


ボリビア・アンデス鉄道
10

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

レアル山脈の白峰群
White peaks of the Cordillera Real

太平洋岸のアリカ港(チリ)への鉄道とチチカカ湖畔のグァキへの鉄道が分岐する 鉄道結節点ビアチャを出ると、終点ラパスまでわずかである。「これから素晴らしい景色が 見られるよ」と言って、運転手がカメラマンを運転室に招いてくれた。何たる幸せ! 「素晴らしい景色」の一つがこの写真。イチューグラスに覆われた平坦なアルティプラノの草原を行く 整備された鉄路の向こうにはレアル山脈の白峰がそびえている。ラパスの市街はこれらの山の麓にあるが、 アルティプラノを切り込んだ谷の中にあるためここからは見えない。右手の山がイリマニ山(6402m*)、 正面から左手にかけてみえる頂の平らな山がムルラタ山(5868m*)である。東コルディレラ山脈の一部で あるが、ラパス市近くにあるこれらの高峰が集まった一帯をレアル山脈という。
* 標高はボリビア政府発行5万分の1地形図の記載に従った。
 地形図、PALCA図福(3079KB): http://www.igmbolivia.gob.bo/downloads/cartografia/h50psad56/pdf/6044-III.pdf

1986年8月24日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-16 38 32.52, -68 16 43.08 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 77°
PanoraGeo-No.270     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 10/13 ⇒NEXT