Mountains of no vegetation behind Chañaral city randum


霧の砂漠
3

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

チャニャラル市街地背後の無植生の山々
Mountains of no vegetation behind Chañaral city

頻繁に海霧に覆われるとはいえ、年平均気温20℃、年降水量が10mm前後という極端な 砂漠気候のもとでは、特別な場合を除き植物の生育は困難で、霧が晴れて現れたチャニャラル市街周辺の 山地は、ほとんど無植生の岩石砂漠であった。このような「霧の砂漠」は、ペルー北部の南緯5度付近から チリ北部の南緯30度付近の海岸沿いに分布している。同様な砂漠はアフリカなどほかの大陸の西岸 にもみられる西岸砂漠あるいは海岸砂漠に特徴的な景観である。ケッペン気候区分では、 このような「霧の砂漠」の気候を、ドイツ語で霧をあらわすNebenのnを付けて、BWnと表記している。 チャニャラルは19世紀前半、近くに見つかった銅鉱の輸出港として成立し発展した町である。東方 100㎞あまりにあるポトレリージョス銅山(1959年閉山)とエルサルバドル銅山(最盛期は1980年代) は、当時、チリを代表する銅産地であった。写真中段右寄りにある塔は、ミレニアム(千年紀)を 記念して2000年に完成した銅板張りの観光用チャニャラル灯台である。
2003年9月1日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-26 20 22.68, -70 37 6.55 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 191°
PanoraGeo-No.280     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 3/11 ⇒NEXT