Pico Hill, landmark of Fernando de Noronha Island randum


フェルナンド デ
ノローニャ島
3

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

フェルナンドデノローニャ島のランドマーク、ピコの丘
Morro do Pico, landmark of Fernando de Noronha Island

フェルナンドデノローニャ空港に着いてまず目に付くのがこのピコの丘(標高323m)である。 響岩(フォノライト)という比較的まれな火山岩からできている。響岩は岩片をたたくと金属的な音がするのでその名がある 緻密で硬い岩石である。ピコの丘の岩塔は、火山の火道(マグマ溜りから火口に至る通路)でマグマが固まったできた 岩体が、削られずに残ったものである。この種の地形を(火山)岩頚(がんけい)という。 フェルナンドデノローニャ諸島は、深さ4000mの深海からそびえ立つ海底火山の山頂部が海面上に顔を出したものである。 ピコの丘の岩体ができた火山活動は数百万年前(新第三紀中新世後期)で、その後、330万ないし170万年前にも火山活動があったが、 その後は活動していない。活動停止後の長い期間、海の波などの侵食を受けてこの火山の頂部の大部分は消失し、わずかに 残ったのが現在のフェルナンでノローニャ諸島である。
参考:Almeida, F.F.M.(2002):Arquipélago de Fernando de Noronha. in Sítio Geológico e Paleontológicos do Brasil, pp.361-368.
2007年3月28日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-3 51 15.17, -32 25 36.73 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 22°
PanoraGeo-No.291     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 3/10 ⇒NEXT