munatsuki-haccho(final hardle) of Mt. Fuji randum


ぼくとわたしの
富士登山
5

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ここが正に富士山の「胸突き八丁」
Here, this is exactry "munatsuki-haccho"(final hardle) of Mt. Fuji

九合目付近を頂上へ向かいがんばって登るぼくとわたし。早々と頂上をきわめて 降りてくる一団とすれ違い、登山道は大混雑。行く手には九合五勺の山小屋(標高3590m)が見える。 この山小屋、称して胸突(むなつき)山荘。物事を成し遂げる上での最後の難関とか正念場という意味の 「胸突き八丁」という言葉は富士山のこの区間に由来する。八丁は872mなので、まさに この地点から上、火口を取り巻く尾根に登りつくまでの道のりである。写真右端の峰が火口を取り巻く峰の ひとつの三島岳(みしまがたけ)だから、もう一息だ。
カメラの位置 (緯度,経度):+35 21 19.59, +138 43 56.29 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 312°
PanoraGeo-No.299     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 5/13 ⇒NEXT