São Paulo, the largest city in South America randum


直前のページに戻る

南アメリカ最大の都市サンパウロ
São Paulo, the largest city in South America

標高700~800mのブラジル高原南東部にひろがるサンパウロの市街地を、 北部の住宅地上空から南を向いて撮影したもの。グアルーリョス市のサンパウロ国際空港へ 離着する飛行機からいつでも見られる景観であるが、霧やスモッグの日が多く、 このような好条件にめぐまれることはまれである。写真中央部を左右(東西)に走る 褐色の線がチエテ川である。これより遠方(南)の市街地中心部では、写真左端に ビジネスセンターのひとつパウリスタ大通りがあるが、その近辺のみならず多くの 主要街路に沿いの高層化が顕著である。サンパウロ市の人口は1125万(2010年)であるが、 周辺39市を合わせた大都市圏の人口は約2000万に達する。
2007年3月15日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-23 28 2.92, -46 40 25.74 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 183°
PanoraGeo-No.31     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 1/1 ⇒NEXT