Camocim City lined with triangular sails offshore randum


ブラジルの"風"景
5

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

沖合に三角帆が並ぶカモシンの朝
The morning of Camocim City lined with triangular sails offshore

カモシンは、ブラジル北東部地方(ノルデステ)北海岸、セアラ州西部の海岸 にある人口6万ほどの小都市。沿岸漁業が盛んで、毎日、朝の海には漁師の小舟が並ぶ。三角帆が穏やかな 東風をはらんでいる。この三角帆は、膨らんだ帆の凹面と凸面の空気の流れの速さの差、それによって生ずる 圧力の差を利用して、風に向かっても進むことができるという優れものである。植民地時代初期の ブラジルでは、ジャンガーダ(Jangada)という丸太を並べてつくった帆かけ舟が、漁師の間で広く 使われていたが、この三角帆はジャンガーダに由来するものである。 時代の流れとともに、ジャンガーダを使った漁が見られる地方は減り、北東部地方(ノルデステ)、とくに、 ノルデステ北海岸に絞られてきたが、 その経緯に関しては、次のような説が有力である。18世紀頃、ミナスジェライス州などを中心として ゴールドラッシュが起きた時代に、ポルトガル王室は、金の密輸を防ぐために舟の出入りを厳しく 取り締まるようになった。そのため、ジャンガーダを使う漁も行いにくくなり衰退していった。 その中にあって、北東部地方北海岸は、住民も少なく、強いギアナ海流が流れる沖を外航船が通る こともなかったため、当局の取り締まりがゆるく、ジャンガーダが生き残ることができた。
2011年8月31日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-2 53 6.40, -40 50 47.46 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 56°
PanoraGeo-No.372     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 5/10 ⇒NEXT