アンデス越えパンアメリカンハイウェー地図

アンデス越えパンアメリカンハイウェーと旧アンデス横断鉄道(チリ区間)

いわゆるロス カラコレスの坂は、エルフンカルとポルティージョの間にある。 フンカル川に沿って上がってきたパンアメリカンハイウェー(チリ国道60号線)は、 エルフンカルでフンカル川と別れ、支流で急勾配のフンカリージョ川に沿ってつづら折れのロス  カラコレスの坂を登る。一方、アンデス横断鉄道は、フンカル川本流沿いにさらに 5㎞ほど登ってUターンし、対岸を戻ってくるという形の遠回りをしてポルティージョに登り着く。
アンデス横断鉄道の大部分は廃線となったが、リオブランコから西の部分は、今でも銅鉱石運搬用の 貨物列車が運行している。リオブランコから南に分かれる川の源流部にアンディーナ鉱山がある。
原図 Robert Cutts(2011):The Chile Section of the Transandine Railway.  (https://www.flickr.com/photos/panr/5381823153)
PanoraGeo-No.388a     直前のページに戻る