Rio Negro oil field in the Monte Desert randum


アルゼンチンの砂漠
16

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

モンテ砂漠(平野部)にひらかれたネウケン盆地の油田
An oilfield of Neuquén Basin in the Monte Desert

アルゼンチンには5つの産油地域(堆積盆地)がある (参照 こちら)が、同国の石油の82%は サンホルヘ湾盆地(コモドロリバダビア市周辺)とネウケン盆地で生産されていた(2004年)。 ネウケン盆地では、古生代の火成岩や変成岩を基盤の上に、最大6000mに達する中生代の地層が 横たわっており(参考: ネウケン盆地の地下構造)、この地層から原油や天然ガスが採取される。 写真は、ネウケン盆地の東部、コロラド川沿岸カトリエル市付近の油田で、 灌木性の半砂漠の原野に油井が点在している。
ネウケン盆地は、莫大な量の非在来型石油・天然ガスの埋蔵地として、近年注目されるようになった。 すなわち、この盆地の地下1000~2000mに横たわる厚さ400m以上のバカムエルタ層 (Vaca Muerta Formation)は、おもに頁岩(シェール)と泥灰岩からなるが、その中に世界有数の量の シェールガス・オイルが埋蔵されていることが明らかになった。 2010年には、ここからアルゼンチン最初のシェールガスが産出され、同年、シェールオイルの産出も始まった。 このガス田・油田だけで、アルゼンチンのエネルギー不足問題は解決すると大きな期待が寄せられている。
2005年3月21日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-37 59 54.64, -67 54 40.13 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 96°
PanoraGeo-No.437     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 16/21 ⇒NEXT