Strong-duty overflow bank of Hakojima Ritarding Basin randum


小貝川母子島遊水地
8

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

蛇籠(じゃかご)タイプの頑丈な母子島遊水地の越流堤

Strong-duty overflow bank of Hakojima Ritarding Basin of "jakago" (gabion) type

筑波山を背景に、母子島(はこじま)遊水地の越流堤の内側(川裏= 小貝川と反対側)に近づいてみた写真である。大増水時の川の水が遊水地に流れ込む越流堤は、 越流する水の力に耐えるように頑丈につくられている。ふつうの堤防は、 川の水が溢れて乗り越える状況になった場合、いとも簡単に削られて破堤しやすいことは、 2019 年 10 月台風 19 号の豪雨の際に千曲川など多くの川で起きた通りである。 日本のおもな遊水地の越流堤はアスファルトや コンクリートで補強されているが、母子島遊水地のものはかごマット工法というユニークな 造り方を採用している。川の工事などには、金網や竹を編んだ籠に大きな石をたくさん詰めた 蛇籠(じゃかご)が従来から使われてきたが、かごマットは、これを改良し、マット状にした 金網蛇籠である。鎧で身を固めたような厳しい容姿が印象的である。
2019年10月13日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+36 15 55.63, +139 59 40.97 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 114°
PanoraGeo-No.454     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 8/18 ⇒NEXT