Agricultural workers harvesting burned sugarcane randum


バイオ燃料
先進国ブラジル
15

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

火入れ後のサトウキビを収穫する農業労働者
Agricultural workers harvesting burned sugarcane

製糖工場が所有するサトウキビ畑で、製糖には不要な葉を焼いた後のサトウキビ の刈り取りを行っている農業労働者たちで、現地では一般にボイアフリア(Boia fria)とよばれている 人たちである。ボイアフリアとは「冷たい食事」という意味である。町に住み、朝早く工場のトラックで 畑に連れてこられて働き、昼食は畑で冷えた弁当を食べるのでその名がある。彼らの父や祖父の時代 には、砂糖農園の中に狭い土地を貸し与えられて住み、畑で自給的に作物を作り、余れば町に売りに出る という生活をしていたが、1950~60年代以降、合理化のために農園を追い出されて町に住み、農業労働者という サラリーマン化した農民となったケースが多い。
2002年1月4日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-6 54 37.99, -35 5 11.22 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 270°
PanoraGeo-No.60     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 15/23 ⇒NEXT