直前のページに戻る
Channel course of the Shakujii River in Meiji period

明治時代の石神井川

 ほぼ現在の石神井川であるが、昭和の大改修によって、 蛇行の直線化などが行われる以前の状況である。
おそらく数千年前に起きた転流によって、それまで南~南東に流れていた古石神井川の名残りは 谷田川という小さな川になった。 谷の大きさに比べて水量の少ないこのような川のことを無能河川(underfit river)という。
 古石神井川の最上流部は、元の川とは逆の方向に流れ、現在の石神井川に合流している。 現在では暗渠化されてしまったこの小川の名は逆川(さかさがわ)。 関東で稀な北向きに流れる川のためにつけられた名と思われるが、言い得て妙である。
基図には地理院地図・陰影起伏図を使用
直前のページに戻る