The Amazon water level change at Manaus

直前のページに戻る

アマゾン川水位の年変化(マナウス市)

アマゾン川中流部、河口から約1500㎞のマナウス市における水位変化である。 縦軸の水位(m)は、従来、海抜標高と考えられてきたが、最近の測量により、これから3.96mを減じたものが 実際の標高であることがわかった。緑色のグラフは1902年から2016年まで毎年同一日の水位(115個)の 中央値(50パーセンタイル)の年変化である。これによれば、アマゾン川の水位は、一年を通じて 緩やかに上下し、最高水位は6~7月、最低水位は10~11月に現れる。水位差は約10mとかなり大きい。 水位の上昇は緩やかである一方、下降は比較的急速である。 ピンクのグラフは、観測史上最高の水位を記録した2012年の水位年変化である。 最高水位は1953年に29.69mがあった後、長い間、これを超える洪水はなかったが、21世紀に入ると、 2009年の29.77m、そしてこの2012年の29.97mというように、次々と記録が更新される事態となり、 住民、とくに氾濫原の住民は不安を感じている。
資料:ANAおよびCPRM (2016): Monitoramento Hidrologico, Boletim No.42, p.8の図を簡略化 
https://www.cprm.gov.br/sace/boletins/Amazonas/20161111_15-20161111%20-%20154523.pdf
PanoraGeo-No.10a     テーマ:アマゾン氾濫原   テーマ:アマゾン式移牧   直前のページに戻る