Sabana land of Kenya viewed from the upper air of 10000m randum


アフリカの巨大アリ塚
1

HOME⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

上空1万メートルからみたケニアのサバナ原野
Sabana land of Kenya viewed from the air of 10000m above

上空約1万mを飛ぶ飛行機からもはっきり見えるこのパターンは一体何? Google Earthの衛星写真では、 その分布が驚くほど広大であることを把握できる。衛星写真上で計測すると、白い斑点相互の距離は50m~100mで、 かなり揃っている。実は、そのひとつひとつが、高さ数m、平たい笠の形(円錐形)をした大型のシロアリ塚である。おそらく、 東南アジアやアフリカに多いオオキノコシロアリの塚であろう。斜面は植生が茂り緑に、 頂部はシロアリが新たに土を積み上げるので裸地となって白く見える。
1989年11月26日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+2 16 10.04, +40 34 53.17 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り -°
PanoraGeo-No.125     直前のページに戻る     HOME⏎ このテーマ 1/4 ⇒NEXT