Dead trees in the upper reaches of Balbina Reservoir, Amazonas randum


直前のページに戻る

バルビーナ貯水池の枯木
Dead trees in Balbina Reservoir

地形が平坦なアマゾニアには水力発電の適地は多くない。マナウス市への電力供給のため アマゾン川支流ウアツマン川につくられたバルビーナダムは、 約23mの落差を得るために東京都の面積よりやや広い2360平方kmの熱帯林を水没させた。 湛水域はダムより130km余り上流の写真の地域にまで及び、 累々とした枯木の水面を展開している。これによって得られる電力25万キロワットでは、 マナウス大都市圏の電力需要(2018年のピーク時、約150万キロワット)の数分の一しか 満たすことができない。
2006年3月17日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-1 16 18.56, -60 24 27.19 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 295°
PanoraGeo-No.12     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 1/1 ⇒NEXT