Igarapé Ribeirão Bridge of Madeira-Mamoré Railway randum


マデイラ・マモレ鉄道
1

HOME⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

マデイラ・マモレ鉄道リベイロン川鉄橋
Igarapé Ribeirão bridge of the Madeira-Mamoré Railway

マデイラ・マモレ鉄道(EFMM)は、アマゾン川の支流マデイラ川の上流部で採れた天然ゴムの 搬出のために建設された総延長364.7kmの鉄道である。ポルトヴェーリョ・グアジャラミリン両市間のマデイラ川には 滝や早瀬が多く、船の航行が困難だったためである。1912年に全線が開通。1972年に廃線となったが、 この写真のリベイロン川鉄橋のように、国道が鉄橋を流用しているところもある。橋のたもとには、 マデイラ川などの川底の砂から砂金を採取するガリンパージェン船が繋留されていた。
2007年3月18日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):10 13 54.92, -65 16 57.71 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 243°
PanoraGeo-No.17     直前のページに戻る     HOME⏎ このテーマ 1/7 ⇒NEXT