Krasheninnikov Volcano in Kamchatka Peninsula randum


カムチャツカ半島の火山
3

BACK⏎ ⇒HOME

直前のページに戻る

カムチャツカ半島クラシェニンニコフ火山
Krasheninnikov Volcano in Kamchatka Peninsula

カムチャツカ半島南東部、クロノツキー火山の南西に隣接するクラシェニンニコフ火山(1856m)は、 地上からはさして目立たない山であるが、上空から見た景観は圧巻である。3.9万年前に陥没し形成されたといわれる直径約10kmのカルデラがあり、 その中央部に2つの中央火口丘がそびえている。典型的な二重式火山である。北東の山麓(写真では右側)には、 寄生火山の一つとして約4300年前に形成されたという爆裂火口、クロクル・マールKrokur maarがある。
2007年4月5日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+54 29 38.30, +160 28 38.26 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 324°
PanoraGeo-No.16     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 3/3 ⇒HOME