Lattice-shaped street in Vallenar City randum


アタカマ砂漠・
アタカマ高地
18

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

アタカマ砂漠南縁部のオアシス都市バエナルの格子状街路
Lattice-shaped street of Vallenar City in southern Atacama Desert

バエナル(またはバジェナル、南緯28度34分)はチリのアタカマ砂漠南縁部、 ノルテチコ(小北部)地方の中都市である。年降水量は65mmで、おもに5月から8月にかけての 冬季に雨が降る。 アンデス山脈の高所の雪解け水などを集めて山麓のアタカマ砂漠へ流下してくる外来河川、 ワスコ川(Río Huasco)の河川オアシスにある。 この川の低地に立地した旧市街地は、ヨーロッパからの植民者がラテンアメリカにつくった 多くの植民都市と同様、広場と教会(写真中央の塔がある建物)を中心とた正方形の 格子状街路からなっている。人口の増加に伴い、新市街地は、3段ある河岸段丘の下位のものから上へ と拡大している。
2003年9月2日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-28 34 21.82, -70 45 29.06 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 225°
PanoraGeo-No.207     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 18/20 ⇒NEXT