River oasis along the Copiapo River randum


アタカマ砂漠・
アタカマ高地
9

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る
Climate ofCopiapo
コピアポの気温と降水量1)

コピアポ川の河川オアシス
River oasis along the Copiapó River

コピアポはアタカマ砂漠核心地域の南端に位置する都市。ここは、年降水量 20mm以下で、無植生の土地がひろがるが、これより南では、年に数十ミリの降水があり疎らな植生がみられる ようになる。コピアポを流れるコピアポ川は、コピアポ火山などアタカマ高地の山々の融雪水に 涵養される水の豊かな外来河川である。その下流部約150㎞の沿岸には耕地が続いている。 写真は、コピアポ市のやや下流に開かれたブドウ園で、畝にはオリーブや ポプラの木立も見られる。この付近の海岸山脈には、銅や金をはじめとした金属資源を産する 鉱山が多い。2010年、落盤で大勢の労働者が地下600mに閉じ込められ、69日後に奇跡的に救助されて 話題になったサンホセ鉱山は、この写真の地点から15㎞ほど北にある。 ペルーの海岸砂漠に比べると、アタカマ砂漠にはこのような河川オアシスが非常に少ない。とくに、 このコピアポ川より北では、カラマ市などがあるロア川まで約600kmにわたって川らしい川がなく、 無植生の砂漠、すなわちアタカマ砂漠核心地域がひろがる。
1) Direccion Meteorologica de Chile(2001):ESTADISTICA CLIMATOLOGIA, Tomo I より作成
2003年9月1日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-27 17 52.74, -70 27 29.73 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 6°
PanoraGeo-No.208     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 9/20 ⇒NEXT