Salar de Maricunga and Copiapo Volcano in the Atacama Plateau randum


アタカマ砂漠・
アタカマ高地
16

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

アタカマ高地のマリクンガ塩地とコピアポ火山
Salar de Maricunga and Copiapo Volcano in the Puna de Atacama

アルティプラノ(ボリビア高原)の南部からその南につづくアタカマ高地に かけての地域(南緯19度~28度)には、最大のウユニ塩地からこの写真のマリクンガ塩地のように 小さなものまで、多数の塩地(塩原)が分布している。このように塩地が多いのは、この地域がアンデス山脈でもっとも乾燥した ところだからである。火山による堰き止めや地殻変動でできた閉じた凹地(内陸流域)の底には、周りで降った雨水や 雪解け水が集まって湖ができるが、水の量がきわめてわずかなため、凹地から溢れ出ることはなく、 そこですべて蒸発してしまう。蒸発した水から析出した塩分が少しずつ蓄積して、塩湖になり、 ついには塩原になる。 遠方のピークはコピアポ火山(6052m)である。ペルー南部からチリ・アルゼンチン北部 へのびる(南緯15度から28度)中部アンデス火山群の最南部にある火山のひとつである。 この付近から南部アンデス火山群が始まるまでの約600㎞の区間、 アンデス山脈には火山はない。
2003年8月30日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-26 50 15.76, -69 3 47.40 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 191°
PanoraGeo-No.239     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 16/20 ⇒NEXT