Ipê roxo in full bloom randum


野鳥の楽園パンタナール
8

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る


Ipé amarelo
イペーアマレーロ
(黄色い花のイペー)
学名:Handroanthus albus
-16 41 0.65, -56 49 9.13
2003年8月12日撮影

満開のイペー ローショ
Ipê roxo in full bloom

パンタナール湿原の微高地の樹林で比較的背が高く目立つ木が イペーIpê)である。先住民ツピー・グアラニー族の言葉で「樹皮の厚い木」 という意味をもつ。イペーには、この写真のようにピンク色の花をつけるイペー ローショのほか、 黄色の花のイペー アマレーロ(右の写真)、白い花のイペー ブランコなどがある。 イペー アマレーロはブラジルの国花である。 パンタナールで多いのはピンクの花のイペーローショ(Ipê roxo、 学名:Handroanthus impetiginosus)で、乾季の7~8月に開花する。葉がまだないうちに 開花する点では日本の桜と同じである。 ローショ(Roxo)は赤紫という意味であるが、実際の花はこの写真のように鮮やかなピンク色である。 樹皮の内側から採れる物質には抗癌作用があるという説もある。 イペーは腐りにくい良質な木材にもなり、フローリング材や船の甲板などに使われる。 日本では横浜大桟橋ターミナルでフロアーや屋外のウッドデッキに使用している例がある。
2003年8月12日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-16 28 25.56, -56 41 21.29 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り  -°
PanoraGeo-No.241     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 8/17 ⇒NEXT