Mt.Sajama far away beyound a town in Altiplano randum


ボリビア・アンデス鉄道
9

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

アルティプラノの集落と遠方のサハマ山
Nevado Sajama far away beyound a town in Altiplano

手前の建てかけの家のような日干し煉瓦の建物が目立つパタカマヤという小都市、標高3800m、氷河時代のミンチン湖の底だった地帯を過ぎ、 少しずつ高度が上がりはじめた。ただ、東コルディレラ山脈から流れ出る川の扇状地の扇端 なので地形は依然として平坦である。アルティプラノは北ほど高く、ラパスの郊外都市 エルアルトが乗る扇状地の扇頂部などは4200mを若干超えている。アルティプラノは湖底や 扇状地のような平坦な地形のところばかりではなく、写真遠方に見えるようななだらかな丘陵地も広い。 そしてその向こうに見える白いピークが、ボリビアの最高峰サハマ山(6542m)である。撮影地点から の距離は約140㎞、これがこの付近のアルティプラノの幅でもある。サハマ山は、アルティプラノの 西を限る西コルディレラ山脈を構成する火山であるが、最後の噴火が68万年前といわれる古い火山 である。ボリビアの西コルディレラ山脈には、このほか、チリとの国境にある活動的なパリナコータ 山(6342m)をはじめ多数の火山がある。
1986年8月24日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-17 21 22.31, -67 51 12.87 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 236°
PanoraGeo-No.269     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 9/13 ⇒NEXT