Figure on the apple production in Brazil 直前のページに戻る

ブラジルにおけるリンゴの国内生産量と輸入量の推移
年間国産・輸入量(トン)の10年ごとの平均

非常に長い間、ブラジルのリンゴ市場は輸入品に依存していた。1970 年代には、 国内の年生産量は1万3千トンあまりで、輸入量の 8.6 %にすぎなかった。80 年代には、 国産が輸入量を凌ぐようになり、以後、この傾向が増幅されてきた。現在(2010 年代)の年平均では、 輸入 9.4 万トンに対して国産は 114 万トンで、輸入は国産の 8.2 %となり、1970 年代と正反対の状況に なっている。
ブラジルではじめて商業的にリンゴが栽培されたのはサンパウロ州であるが、この短い期間のうちに リンゴの栽培地は、サンタカタリーナ州やリオグランデ州の高原のような冷涼な地方に移動してきた。 現在、ブラジルで最大のリンゴ生産地はサンジョアキン地域で、ヴァカリア地域(リオグランデドスール州) がこれに続いている。
参考 Albuquerque, M. L. de(2018):Breve histórico da indústria da maçã no Brasilの第1図(P.18) を改変  2018年サンジョアキン市で開催された温帯気候の果樹栽培に関するシンポジウム報告書  https://senafrut.com.br/assets/uploads/ANAIS_AF_WEB.pdf
(テーマ 24:温帯のブラジル P.14 で使用) 直前のページに戻る