Nevados Huayna Potosi and Chacaltaya in Cordirella Real randum


ボリビア・アンデス鉄道
12

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

レアル山脈のワイナポトシ山とチャカルタヤ山
Nevados Huayna Potosi and Chacaltaya in Cordirella Real

列車はやや左にカーブを切った。正面にはワイナポトシ山(左、6088m)の尖った峰と チャカルタヤ山(右、5395m)の幅広い山体が並ぶ。チャカルタヤ山の麓から手前に延びてくる緩斜面 (扇状地)の端に、白く雪をかぶった崖がわずかに見えるが、これはアルティプラノに切り込んだ ラパス川(チョケアパ川ともいう)の谷頭部の崖で、ラパスの市街はこの崖の下に展開している。
鉄道沿線は依然としてイチューグラスの草原であるが、ところどころに人家が見られるようになり、 エルアルトの市街が近いことが感じられる。撮影当時はラパス市の一部であったエルアルトは、 半年後の1987年3月に独立してエルアルト市となった。ラパスのベッドタウンまたは空気の薄い ラパス空港がある地区でしかなかったエルアルトはその後、産業都市として急発展し、 2012年国勢調査人口は85万、本家のラパス(76万)を抜いてボリビア第二の都市となった (人口で第一の都市はサンタクルス)。 (Google Map)あるいは衛星写真 (航空写真)に切り替えてこの付近の現在の状態をみてみれば、この都市の急成長ぶりを実感できる。
1986年8月24日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-16 32 53.29, -68 10 33.54 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 11°
PanoraGeo-No.272     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 12/13 ⇒NEXT