La Paz City overlooked from Altiplano randum


ボリビア・アンデス鉄道
13

BACK⏎ ⇒HOME

直前のページに戻る

アルティプラノから見下ろしたラパス市街
La Paz City overlooked from Altiplano

最終コースはエルアルト市のあるアルティプラノからラパス市街があるラパス川の 谷底への下りである。写真は下り始めの標高4100mで撮影。なだらかなラパス谷を埋めて ラパス市街がひろがり、正面にイリマニ山、左端にムルラタ山がそびえている。高層のビルが 立ち並ぶ市の中心部は、標高3550m~3650mなので、アルティプラノより500mほど低い谷底に 位置している。鉄道の終点、中央駅は市の中心部よりやや高い3700mにあるが、それでもここからの比高は 400m、列車は大きく迂回しヘアピンを繰り返しながら下って行く。空港も上のエルアルトにあるから、 ラパスの市民は何処に行くにしてもこの比高を克服しなければならない。鉄道全盛の時代には SL用と電車用の2本の鉄道が谷底とアルティプラノを結んでいた。鉄道が2本とも廃止された後、 谷から抜け出す手段は道路しかなくなったが、近年あらたな手段が導入された。2014年、旧鉄道 中央駅と空港近くを結ぶロープウェーの開通である。2018年現在、これを含め3路線がラパス市内あるいは 市内とエルアルトを結んでいる。市当局は今後ロープウェーの路線を大幅に増やし、都市公共交通の中心 に育てる計画である。いわば「空のメトロ」という、長い間、比高に悩まされてきた都市ならではの アイデアである。16時30分、コチャバンバ発の列車は予定通り終点ラパス中央駅に到着した。
1986年8月24日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-16 29 9.37, -68 10 9.77 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 114°
PanoraGeo-No.273     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 13/13 ⇒HOME