Callao City viewed from the break of sea fog randum


霧の砂漠
7

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

海霧の切れ目から見えるカヤオ市街
Callao City viewed from the break of sea fog

カヤオはペルーの首都リマの外港として発達した都市。リマ空港もカヤオにある。 両市は、中心地(市庁)間距離約10kmで、市街地が完全につながった連接都市をなし、霧の砂漠の中の 巨大都市、人口約1千万(2015年)のリマ首都圏(Lima Metropolitana)を構成している。 リマ空港に着陸する飛行機は、多くの場合、この地方特有の海霧(ガルーア)をくぐり抜けなければならない。 写真は着陸のために高度を下げてきた飛行機からのもので、海霧の切れ目から、カヤオ市ラプンタ(岬) 地区の市街や港の一部(左端)、あるいは五角形のレアルフェリッペ要塞などが見えはじめた。 しかし、画面左上、わずか10㎞先にあるはずの空港は霧のために目視できない。
1986年10月15日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-12 4 20.68, -77 9 54.81 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 60°
PanoraGeo-No.283     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 7/11 ⇒NEXT