Basalt cayon of Kerio River, Rift Valley, Kenya randum


アフリカ大地溝帯
3

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ケニアの大地溝帯、ケリオ川の玄武岩峡谷
Basaltic cayon of Kerio River, Rift Valley, Kenya

ケリオ谷を北流し、トゥルカナ湖に注ぐケリオ川はケニアで最も長い川である。大部分は広々とした河原の中を流れるが、 トゥゲン丘陵の麓で硬い玄武岩に出会うこの地点では狭い峡谷をつくっている。リフトヴァレー内外の高原・台地 の表面や断層崖の垂直な壁をつくるのもこの種の玄武岩が多い。トゥゲン丘陵の傾動地塊の表面を覆うこの玄武岩には、緻密な玄武岩に 特有の柱状節理がよく発達している。
1989年12月25日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+0 27 8.93, +35 38 53.47 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 61°
PanoraGeo-No.316     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 3/8 ⇒NEXT