Lake Magadi and soda-ash factory randum


アフリカ大地溝帯
4

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

マガディ湖とソーダ灰工場
Lake Magadi and soda-ash factory

マガディ湖はケニアの首都ナイロビの南西約90㎞にあり、標高2000m前後の高原から落ち込んだ幅70㎞ほどの大地溝帯の底にある。 湖水面の標高は約600m。湖水の流出口はなく、湖水の蒸発により塩分の高い塩湖になり、一部は塩原になっている。塩原には非常に純度の高いトロナ石 (重炭酸ソーダ石)があり、これを採取してソーダ灰を製造する工場が湖畔にある。製品は鉄道でモンバサ港まで運ばれ輸出される。
1989年12月23日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-1 49 19.73, +36 19 23.72 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 216°
PanopraGeo-No.317     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 4/8 ⇒NEXT