Rockfall Accident of Yoshida-Osawa, Mt. Fuji     テーマ:ぼくとわたしの富士登山に戻る
    直前のページに戻る



富士山吉田大沢落石事故
1980年8月14 日午後1時40分、富士山の北東 側にある吉田大沢の源流部の久須志岳の崖をつくる岩石が崩壊し、大きなもので 1~2mはある石が50~60個、吉田大沢の五合目付近まで転がり落ちた。当時、 吉田大沢の谷筋を吉田口登山道(吉田ルート)の砂走り下山コースが通っていたため、登山者に死者 12 名、 負傷者 31 名の被害が生じた。このあと、1981年7月に、吉田大沢を通らない現在の吉田口登山道の 下山コースが開通し、1983には吉田大沢の下山道は公式に道路でなくなった。







図の出典:浜野一彦(1982):富士山の地質と変貌、地学雑誌 91(2) p.86
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/91/2/91_2_69/_pdf

1980年8月、富士山吉田大沢落石事故
Rockfall Accident of Yoshida-Osawa, Mt. Fuji, in Augast 1980

PanoraGeo-No.325a     直前のページに戻る