tube of the randum


アルゼンチンの砂漠
8

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

タランパヤ川峡谷「パイプオルガン」のパイプ
Pipes of the "Pipe Organ" of the Talampaya River Canyon

タランパヤ川峡谷の垂直な谷壁に刻まれた多数の縦溝、いわゆる「パイプオルガン」のパイプの ひとつを、下から望んだものである。その水平断面は見事な半円で、まさに円筒を縦に割った形のハーフパイプ である。 ただ、このパイプをよく見ると、中心となる径の大きなパイプの右に沿って径の小さなパイプが付随している。 従来言われてきたような渦を巻いた風による侵食によって、このように微妙な地形ができるだろうか? 風といっても、 空気ではなく、風で巻き上げられた砂が紙やすりのようにして岩盤を削磨するのであろう。とすれば、砂塵の濃度が 薄い崖の上部ではパイプができにくいはずであるが、パイプは下から上まで一様にできている。
従来の風食説に対し、ここでは水食説を提案する。それは、多雨期で水量も流送砂礫も豊富だった タランパヤ川が、峡谷を掘り下げると同時にパイプも彫り上げた、という考えである。パイプは 下刻が進みつつある河床につくられたポットホール(甌穴)である。この考えのヒントとなった のは、同じ南アメリカではあるが、ここよりはるかに離れた ブラジル北東部での事例である。
2004年9月5日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-29 47 26.23, -67 50 27.21 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り -
PanoraGeo-No.33     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 8/21 ⇒NEXT