ブラジル各州住民の肌の色の比率     テーマ:温帯のブラジルTopへ
    直前のページに戻る



ブラジルの国勢調査における「肌の色または人種(Cor ou raça)」は、住民を 白(Branco)、黒(Preto)、黄(Amarelo)、茶(パルド Pardo)、および先住民(Indigena)の 5つのグループに分けている。日系人などのアジア系は黄である。茶(パルド)は、 国勢調査のマニュアルでは「肌の色が混ざり合った」となっているが、要するに混血人のことである。 南部地方の、とくにサンタカタリーナ州とリオグランデドスール州では、「白」が多いことに加え、 「茶」(混血人)が極端に少ないことが、「人種のるつぼ」を感じさせない要因である。

資料:IBGE(ブラジル地理統計院):Resultados Preliminares do Universo do Censo Demográfico 2010









≪------

ブラジル各州住民の肌の色の比率(%) 2010年センサス

資料のHP:https://ww2.ibge.gov.br/home/estatistica/populacao/censo2010/resultados_preliminares/preliminar_tab_uf_zip.shtm →Tabela 4
PanoraGeo-No.354a     テーマ:温帯のブラジルTopへ     直前のページに戻る