直前のページに戻る

パラナ州ブラジル南部高原の地形と地質
Landform and geology of Brazilian Southern Highland

上の図はブラジル南部3州の地質図、下の図はパラナ州南部 (地質図のA-B)の地形地質の断面図で、東の端(A)は大西洋、西の端(B)は パラナ川である。この断面の大部分はブラジル南部高原とよばれる高原であるが、 パラナ州の南部高原は、2つの崖を境にして第一高原、第二高原、第三高原の3つに細分される。 これら2つの崖は、ともに西に緩やかに傾く背面をもったケスタの崖である。 第三高原はおもに中生代の玄武岩質溶岩層がつくるケスタの背面、第二高原は古生代の堆積岩がつくる ケスタの背面であり、州都クリチバのある第一高原は先カンブリア時代の基盤岩石(花崗岩や変成岩) からなる準平原である。第一高原の東端は、大西洋に臨む海岸山脈(セラドマール)の急崖で 終わっている。
資料:地質図はブラジル地質サービスセンター(CPRM)の南アメリカ地質図の一部を簡略化。
原図のアドレス http://www.cprm.gov.br/publique/media/geologia_basica/americasul.pdf、 地形断面はGoogle Earthより作成。
PanoraGeo-No.355a     テーマ:温帯のブラジルTopへ     直前のページに戻る