メンドーサ川の水系図

直前のページに戻る

外来河川メンドーサ川の水系図

メンドーサ川上流域で、西から来るクエバス川、北から来るバカス川、南から来る トゥプンガト川の三者が合流してメンドーザ川になる。バカス川とトゥプンガト川は、アンデス主山系と フロンタルコルディレラの境となる縦谷を流れる川である。5000m級の山岳が多数ある流域西部のアンデス主山系と フロンタルコルディレラでは、年500mmくらいの降水がおもに雪として降り、涸れることのないンドーサ川の 水の供給源となっている。プレコルディレラやメンドーサ平野などの流域東部は、 年降水量200m前後という乾燥地域で、この地域に発する支流はすべて、まれな降雨時にしか流れのない 間歇河川である。
参考:Martines, S. (nd.) CUENCA DEL RÍO MENDOZA Cuenca Nº 55 付属の原図に加筆。
https://www.mininterior.gov.ar/obras-publicas/pdf/55.pdf(スペイン語)
PanoraGeo-No.37a     直前のページに戻る