Planning city and World Heritage, Plano Pilot of Brasilia randum



1

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

World Heritage map of Brasilia
世界遺産ブラジリアの範囲

計画都市、世界遺産ブラジリアの中央市街地(プラノピロット)
Planning city and World Heritage, Plano Pilot of Brasilia

標高1100m前後のブラジル高原上、疎林(サバナ)に覆われた赤土(ラトゾル) の大地からなるカンポセラードの真ん中に建設された計画都市ブラジリア。1960年にリオデジャネイロから ここへ首都が移された。写真は、プラノピロット(パイロットプランの意)とよばれるブラジリア 中心市街地を北方から望んだものである。東(写真では左)に機首を向けたジェット機の形、あるいは 翼を広げた鳥の形をしているが、十字架のイメージを表現しているともいう。機首(頭)の部分に国会議事堂、 最高裁判所、大統領府という三権を司る建物が集まり、その後方(写真右)に、各官庁のビルが整然と 並んでいる。南北両方の翼に当たる部分のアーザノルテ(北翼、写真手前)とアーザスール(南翼)が おもな住居地区であり、南北に枝分かれする人造湖パラノア湖の北の北部住宅地区(ラーゴノルテ、 湖北地区、写真最も手前)と南の南部住宅地区(ラーゴスール、湖南地区)も、中~高級戸建て住宅地として 発展が著しい。プラノピロット一帯(付図の範囲)は、1987年にユネスコの世界遺産(文化遺産) に指定されている。
2002年7月29日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-15 38 19.91, -47 52 27.48 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 182°
PanoraGeo-No.38     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 1/1 ⇒NEXT