A cruiser from Europe that called at the Port of Parintins randum


アマゾン川
14

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

パリンチンス港に寄港したヨーロッパからのクルーザー
A cruiser from Europe that called at the Port of Parintins
アマゾナス州の東の端にあるパリンチンスは、人口でこの州第2の都市である。 とは言え、人口は州都マナウスの約1/20、約11万にすぎない。この小都市の桟橋に、ヨーロッパからの 観光客を乗せたかなり大型の観光船が接岸している。毎年6月末にこの都市で行われる牛祭りをなぞらえた ショーを見物するためである。観光船のおもな目的地はマナウスであるが、地方振興を考えた 州の要請による寄港とのことである。パリンチンス市街の前のアマゾン川の深さは98mと非常に深いので、 約2万トンのこのクラスの船が航行するのに何ら問題はない。これより上流のマナウス港には、9万トンの クイーンヴィクトリア号が入港したこともある。ただ、アマゾン川の濁った水面下には浅瀬が隠れているところも あり、とくに大型船は油断できない。
2005年3月9日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-2 37 21.23, -56 43 55.55 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 267°
PanoraGeo-No.407     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 14/17 ⇒NEXT