Alluvial islands downstream of Remanso Cape, middle of the Amazon randum


アマゾン川
12

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る
Map of Remanso
レマンソ岬下流のアマゾン川(赤線は写真の範囲)

アマゾン中流部、レマンソ岬下流の川中島
Alluvial islands downstream of Remanso Cape, middle of the Amazon

写真左上に見えるレマンソ岬のすぐ下流にある アマゾン川である。写真の左から下にかけては、氾濫原湖や水路の水面の多い氾濫原がひろがり、 6月という高水期なので、一部の水面は、アマゾン川の濁り水が流れ込んで褐色になっている。 アマゾン川は、レマンソ岬の下流で幅が急にひろがり、いくつかの川中島を挟んで流れる。 右の地形図によれば、川中島は、北から、アルコ島(Ilha do Arco)、オンサス島(Ilha das Onças) マリーニョ島(Ilha Marinho)に大別されるが、一番南(手前)のマリーニョ島は 高水期にあたるこの時期には、大部分が水没していて、高い部分だけがバラバラに顔を出している。 これらの川中島を分ける水路のうち、地形図でRIO AMAZONAS(アマゾン川)と記載されている一番手前の 水路が、谷線(Thalweg、最も深い部分)があるアマゾン川本流で、それ以外は副次的な流れである。 このような副次的な流路のことをこの地方ではパラナー(Paraná、側流)とよんでいる。 アマゾン中流部では、上流部でみられるようなドラスティックな流路変化 (たとえば こちら)はないが、 川中島の成長・消滅などの河床変化は頻繁に起きている (参考: 川中島の変化)。
1981年6月27日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-2 47 46.54, -57 13 54.38 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り  357°
PanoraGeo-No.406     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 12/17 ⇒NEXT