Chan Chan Ruins of adobe bricks randum


南アメリカ
乾燥ダイアゴナル
ペルー砂漠 1

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

日干し煉瓦のチャンチャン遺跡
Chan Chan Ruins of adobe bricks

南アメリカ乾燥ダイアゴナルの北部にあるトルヒーヨ市には、 プレインカ遺跡(インカ文明以前の遺跡)のチャンチャン遺跡があり、1986年、 世界文化遺産に登録さた。紀元後900年頃から1470年頃まで、ペルーの海岸部北半分を領土とした チムー王国の首都である。年降水量平年値約10mmという極端に雨の少ない気候のもとでなければ 維持が困難な、アドベ(日干し煉瓦)造りの大都市である。 写真は、城壁で囲まれた宮殿(Ciudadelas)9箇所のひとつである 中央宮殿(ツチュディTschudi,Nik Anともいう)で、壁面は、魚など、この王国の人々が 崇めた海に関するさまざまな彫刻で飾られている。 背後には、高さ12mで天端1m、下底5m、地震にも耐える台形の断面をもった城壁が連なっている。
1981年7月6日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-8 6 36.35, -79 4 29.41 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 126°
PanoraGeo-No.411     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 1/10 ⇒NEXT