Coast of coastal desert in the central Peru randum


南アメリカ
乾燥ダイアゴナル
ペルー砂漠 6

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ペルー中部、「海岸砂漠」の海岸
Coast of "coastal desert" in the central Peru

自然地理では、「海岸砂漠」という語を海岸にある砂漠という漠然とした意味で 使うことはない。「海岸砂漠」は以下のようなキーワードで説明される術語である:大陸の西岸、 南北回帰線を中心とした地帯、亜熱帯(中緯度)海洋性高気圧(気団)の東縁、沿岸を低緯度に向かう寒流、 湧昇流、海霧、超安定な大気などなど。アフリカ大陸南西部のナミブ砂漠、同北西部の大西洋海岸砂漠 (サハラ砂漠の西縁部)、北アメリカのカリフォルニア半島の砂漠などとともに、南アメリカでは、 ペルーからチリ北部まで、海岸沿いに、南緯4度付近から30度付近まで3300㎞続く砂漠地帯がこれにあたる。 このうち南緯4~18度の約2000㎞がペルー砂漠あるいはペルー海岸砂漠とよばれる砂漠である。 この砂漠は、動植物の特徴の違いなどから、南緯7度と15度付近を境に、北から、サチュラ砂漠、 ペルー砂漠(中心部)、ペルーアタカマ砂漠に細分される。 写真はペルー中部、首都リマの北35㎞にある小都市アンコンの海岸で、砂漣(されん)が美しい無植生の 砂漠が海にまで達している。アンコンは古くからの漁村で、リマ郊外の大衆的海水浴場でもある。 この湾に注ぐ外来河川がないので、緑に乏しい乾いた景観がひろがっている。ペルーの海岸砂漠では、 5月から11月ごろまで、ガルーアとよばれる海霧や低い雲に覆われることが多い (たとえば、こちら)が、午後には一時的にこのように晴れ渡ることもある。
1981年7月1日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-11 43 52.89, -77 9 22.74 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 217°
PanoraGeo-No.416     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 6/10 ⇒NEXT