Mountains and basins of the Puna de Atacama randum


アタカマ砂漠・
アタカマ高地
13

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

アタカマ高地の山と盆地
Mountains and basins of the Atacama Highlands (Puna de Atacama)

アタカマ砂漠、とくにその核心地域の東方に接してひろがる アンデス山脈中軸部をアタカマ高地という。アルティプラノ(ボリビア高原)の 南方延長であるが、アルティプラノのように広々としたな平原がないので「高原」ではなく 「高地」という。現地語ではプーナ・デ・アタカマ(Puna de Atacama)である。 南北600㎞、東西300㎞の範囲に、標高3000~4000mの盆地と5000~6000m台の山岳とが、多数、 複雑に入り組んで分布している(参照:アタカマ高地の衛星写真)。 写真は、そのようなアタカマ高地の一部で、正面に見えるのが、三つの峰からなる火山の ネバド・(デ)・トレスクルセス(Nevado de Tres Cruces)火山(6749m)、その手前には、 これらの山から押し出した扇状地で埋められた盆地がある。扇端部にわずかに残った水面は、 水面標高約3800mで半ば塩地化したサンタローサ湖である。 この付近一帯はチリのネバド・(デ)・トレスクルセス国立公園に指定されている。
2003年8月30日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-27 4 39.09, -69 13 38.50 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 93°
PanoraGeo-No.427     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 13/20 ⇒NEXT