Victoria amazonica, an attractive aura in floating meadows randum


アマゾン氾濫原
(ヴァルゼア)
9

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

浮草原の華、オオオニバス
Victoria amazonica, an attractive aura in floating meadows

アマゾンの水路や湖沼などの縁に、浮き草が集まってできた 浮草原(うきくさはら、floating meadow)でもっとも目立つのはこのオオオニバス (Victoria amazonica)であろう。子供が乗っても沈まないといわれる葉は直径2~3mに達する。 根は水底についており、長さ数mの葉柄で水面に浮いた葉と繋がっている。水位が下がり、土地が陸化すると、 葉や葉柄は枯れるが、根は生きており、翌年再生してくる。大きな葉と大きく美しい花は アマゾン観光の目玉である。
2002年8月4日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-2 44 34.52, -56 48 9.76 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 120°
PanoraGeo-No.50     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 9/18 ⇒NEXT