直前のページに戻る

フェルナンドデノローニャ島の港付近のグーグルアース衛星写真

このグーグルアースの衛星写真は、フェルナンドデノローニャ島の 港付近の 2013 年の映像である。北東から南西(写真右上から左下)へ延びる島の北西(左側) の海が波静かな「内の海」で、その岸に港がある。L字型の防波堤で仕切られた小さな 船溜まりがあるが、風や波が穏やかなため、多くの漁船はその外に停泊している。 赤い線はそれらの漁船を写した PanoraGeo-No.566 のアングルである。一方、島の南東側 (右側)は風が強く波の荒い「外の海」で、海岸は波が砕けて泡立つ白い帯で縁取られている。 島の両側の海のこのような違いは一年を通して変らない。右下の年間の風向の頻度を示す ウインドローズ(風配図)によれば、東南東からの風が圧倒的に多く、東風と南東風が 若干ある程度で、反対から風が吹くことは無い。風向がこのように安定しているのは、 この島が南半球の南東貿易風帯の真っただ中にあるからである。
ウィンドローズ出典:Mateoblue(https://www.meteoblue.com/en/weather/historyclimate/climatemodelled/fernando-de-noronha-airport_brazil_6300625)
衛星写真の (テーマ 25:ブラジルの"風"景 P.4 で使用) 直前のページに戻る