Meeting of randum


色はいろいろ
アマゾンの川たち
13

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

マナウスにおける白い水と黒い水の会合
Meeting of "whitewater" and "blackwater" at Manaus

マナウス市の観光の目玉の一つである「河水の会合」を空から見た写真で、 写真右が下流である。ソリモンエス川(アマゾン本流)の茶色い濁り水(いわゆる白い水、 写真の手前)がネグロ川の黒い水と接して流れている。合流後7㎞、二つの河水の境界部では 混合が始まり、水温が高く軽い黒い水が茶色の水の上にひろがって、独特の模様を描いている。 ソリモンエス川の流量はネグロ川の3倍以上もあるので、次第に、濁り水がネグロ川の黒い水を 飲み込んでゆくが、黒い水の帯が完全に消失するのは、合流後数十キロ下流である。
2006年3月22日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-3 8 42.62, -59 52 49.45 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 13°  写真中心位置:-3 5 36.33, -59 52 9.54  (Google Map)
PanoraGeo-No.71     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 13/22 ⇒NEXT