15.世界の車窓から-今はなきボリビアのアンデス鉄道

Railway system in Bolvia


ボリビア・    
 アンデス鉄道
0

HOME⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ボリビアの鉄道網と旅客路線

ラテンアメリカでは鉄道の旅客路線が著しく減っているが、 ボリビアは比較的それが多く残っている方である。裏返して言えば、道路の整備が遅れている ということでもある。上図で旅客扱いが無い(黒線)とされている北部のビアチャ・チャラニャ線で レールバスの運行が再開されたので、コチャバンバ・ラパス線は旅客扱いが廃止された ボリビア唯一の長距離路線といえる。ここで紹介するのは、 1986 年当時まだ健在であった コチャバンバ・ラパス線の車窓風景である。なお、上の資料で同線は「旅客輸送無いが使用可能な路線」 になっているが、少なくてもアンデス山脈を登るコチャバンバ・オルーロの区間は「使用可能」と言う には程遠い状態であることは後で見る通りである。
原図 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Railways_in_Bolivia.png
直前のページに戻る