Train for La Paz in the Central Station of Cochabamba randum


ボリビア・アンデス鉄道
1

HOME⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

コチャバンバ駅で出発を待つラパス行き列車
Train for La Paz wating for departure in Cochabamba Station

コチャバンバはボリビアのアンデス山脈東斜面にあるボリビア第4の人口をもつ 都市で、コチャバンバ谷とよばれる盆地の中にある。南緯17度と比較的低緯度にあるが、標高 2500~2600mという高所にあるため、快適な気候に恵まれ、常春の都市との呼び名もある。かつて、 コチャバンバを出てボリビア東コルディレラ山脈を登り、アルティプラノ(ボリビア高原) の一角のオルーロに出て、首都ラパスまで行く旅客列車(気動車)があったが、現在では廃止されている (鉄道路線図参照)。 その始発駅であった写真のコチャバンバ中央駅は、現在では南東方にある小都市アイキレAiquileまで 週3回運行されているレールバスのターミナルの役割しか果たしていない。午前8時5分、ラパス行き列車 コチャバンバ出発。
1986年8月24日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-17 24 15.56, -66 9 13.89 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 343°
PanoraGeo-No.261     直前のページに戻る     HOME⏎ このテーマ 1/13 ⇒NEXT