Cattle in the upland pasture randum


アマゾン式移牧
4

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

台地の牧場、氾濫原の牧場へ帰る船を待つ牛たち
Cattle in the upland pasture waiting for ships back to the flood plain ranch

移牧用の牧場は、アマゾン中流部パリンチンス市付近では、 アマゾン川の支流を数十km溯ったあたりの河岸、標高100mに満たない低い台地(テラフィルメ)に 多数分布している。氾濫原の牧場が浸水する3~4か月の間、牛を一時的に避難させる場所である。 地味がやせ、牧草の育ちが悪い台地で牛を通年放牧するには、1頭当たり1ヘクタールくらいの 広大な牧場が必要といわれるが、移牧用の牧場は一時的に利用するだけなので、 最小限の広さで間に合わされている。 ということは、牛たちにとって十分な餌がはないことである。牧場の草を食べつくした牛たちは、 一刻も早く食べ物の豊富な氾濫原に帰りたいと思っているはずである。 写真は、台地の牧場で今日迎えに来る船を待つために集まった、そのような牛たちである。
2003年8月5日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-2 53 9.97, -56 45 0.41 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 277°
PanoraGeo-No.183     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 4/9 ⇒NEXT