Large timber processing plant in southern Paraná randum


温帯のブラジル
5

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

パラナ州南部の大規模な木材加工工場
Large timber processing plant in southern Paraná

「温帯のブラジル」(ブラジル南部地方)はブラジル最大の木材産地である。 とくにパラナ州とサンタカタリーナ州では、天然に生えるパラナマツ(アラウカリア)を利用した 木材産業が発達してきたが、現在では人工林(植林)の利用が主体である。ブラジルではユーカリと マツ類が二大植林樹種(両者で90%)である。ユーカリはサンパウロ州以北に多く、 「温帯のブラジル」ではマツ類が圧倒的に多い。成長が遅いパラナマツの植林はごくわずかである。 写真は1996年パラナ州南部の小都市ピエーンPiên市に建設されたフローリング材製造大手企業 Tafisa Brasilの工場とその近辺に残っているパラナマツ林である。
2004年8月26日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-26 6 1.27, -49 24 44.86 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 308°
PanoraGeo-No.221     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 5/21 ⇒NEXT