Chá mate (mate tea) factory in southern Paraná randum


温帯のブラジル
6

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

パラナ州南部のマテ茶工場
Chá mate (mate tea) factory in southern Paraná

マテ茶は、「温帯のブラジル」のほか、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチンなどで 愛飲されている。原料のエルバマテ(Ilex paraguariensis)は、「温帯のブラジル」の北半部 (低緯度側半分)などに広く分布する常緑混合林(アラウカリア林)の中に自生する灌木であるが、 写真のこの工場では、裏にある畑で栽培されていた。マテ茶は、工場の前に立つ巨大な模型のような 茶器を使って飲む。容器(クイア Cuia)は瓢箪からつくったものが多い。上に突き出した棒(ボンバ Bomba) は、お茶を吸うための一種のストローで、下端には茶こしがついている。 このような茶器を使って飲むマテ茶は、日本茶でいえば緑茶に当たるものが多いが、このほか、 紅茶のように加工したロースト(orブラック)マテ茶(Mate tostado)もあり、ティーバックなどの 形で売られているものにはこれが多い。
1998年7月22日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-25 53 40.93, -50 21 32.63 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 120°
PanoraGeo-No.362     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 6/21 ⇒NEXT